セミナー・イベント

TOP >> GRANDITコンソーシアム・ソリューションセミナー2013 東京会場

GRANDITコンソーシアム・ソリューションセミナー2013

【東京会場は全5日、31講演となります。同時期に大阪会場でも開催致します。】

現在、多くの企業は経営環境の激変に直面しています。
震災からの復興、顧客ニーズの多様化などの劇的な環境変化を受け入れながら、経営戦略の実行を余儀なくされています。

このような環境において、多くの企業では、素早く、効果的な情報基盤の確立が、重要な経営課題の一つとして挙げられるものとなっています。
GRANDITコンソーシアムでは、このようなお客様が情報基盤を効率的に構築するためのソリューションを集めた、GRANDITコンソーシアム・ソリューションセミナー2013 を開催致します。

本セミナーでは、業種、業態、業務ソリューション毎に様々なテーマを設定し、それぞれの最新動向や経営トピックスと共に、これまでの導入経験、導入事例をご紹介致します。より多くのお客様に最適なソリューションが見つかるものと確信しております。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

GRANDITコンソーシアム・ソリューションセミナー2013 共催・協賛企業 一同

プログラム・タイムスケジュール

【プロローグ講演】 2013年2月14日(木)

15:00〜15:10 GRANDIT株式会社 代表取締役社長 山口 俊昌 ご挨拶
GRANDIT株式会社
代表取締役社長 山口 俊昌
セッション1
15:10〜15:40
新日本有限責任監査法人 ソリューション業務本部 シニアパートナー 公認会計士 三浦 太 グローバル展開における事業戦略とマネジメント体制の構築
新日本有限責任監査法人
ソリューション業務本部 シニアパートナー 公認会計士 三浦 太
【経歴】
上場会社監査をはじめ、決算早期化、グループ管理、内部統制整備、IFRS導入、IT統制、業務改善、事業計画・資本政策策定などの助言・支援業務を実施。大手金融機関、大学などでの講演実績多数。元日本ベンチャー学会理事、元中小企業基盤整備機構ファンド審査専門委員。
【概要】
国内市場の成長が見込めない中で、海外進出は多くの日本企業にとって経営上の必須課題となっています。実際に海外拠点を増やしている日本企業は統計上も増加 傾向にあり、海外展開を進める際の事業戦略や海外拠点のマネジメント体制をいかに展開するかが海外進出の成功を左右します。そこで、グループガバナンスについても言及しながら、効果的なグループ経営のあり方について説明します。
セッション2
15:40〜16:10
GRANDIT株式会社 社長室 室長 高橋 昇 グローバル時代の企業価値向上を支えるグループ経営基盤「GRANDIT 2.1」
GRANDIT株式会社
社長室 室長 高橋 昇
【概要】
アジアを中心とした海外への進出は大企業だけではなく、中堅・中小企業にも広がっていますが、先行して海外進出を果たした企業の多くは、言語、通信環境などの事情により海外子会社の基幹システムをローカルシステムとして現地に導入した為、様々な問題に直面し、クローバル経営管理を実現するための取り組みを迫られています。今回のセミナーでは、マネジメントやガバナンス強化を含め、GRANDIT最新バージョン2.1がグループ、グローバル経営にどのように、お役立てるかについてご説明いたします。
セッション3
16:20〜16:50
株式会社ディーバ 執行役員 主席コンサルタント 公認会計士 森本 朋敦 グローバル時代の経営管理の課題と実践
株式会社ディーバ
執行役員 主席コンサルタント 公認会計士 森本 朋敦
【経歴】
日本電信電話、朝日監査法人(現 あずさ監査法人)、 アーサーアンダーセン、株式会社アットストリームパートナーを経て現職。公認会計士。
「四半期開示に対応した連結経営管理マニュアル」「四半期開示時代の連結経営管理と実践手法―グローバル製造業のための3軸管理」(何れも税務研究会出版局)等、連結経営管理関連の著作多数
主な専門領域:
・経営管理制度(連結経営管理、原価管理、KPIマネジメント)の構築
・収益構造改革の企画・立案・実行支援
・各種業務プロセスの改革及び情報システム再構築支援
【概要】
成長の源泉が海外にシフトしている現在においては、拡大した戦線を効率的・効果的にマネジメントできるかどうかが企業業績に大きな影響を与えるようになっています。連結・グループ経営管理分野で約660社のお客様を持つディーバより、豊富な事例をもとに、「グローバル時代におけるグループ経営管理」の実践上の課題と成功ポイントをご紹介いたします。
セッション4
16:50〜17:20
みずほ情報総研株式会社 法人ビジネス第1部 次長 太田 智久 グループ企業向け「PMO支援サービス for GRANDIT」の適用効果
みずほ情報総研株式会社
法人ビジネス第1部 次長 太田 智久
【経歴】
国内ERPベンダーとのアライアンス企画・事業開発、みずほ銀行とのグループ連携推進責任者、ハイテク製造業向けソリューション・グローバルソリューション・BI事業・クラウド事業責任者を歴任。現組織においてコンサルティングとプロジェクトマネジメントノウハウを融合させた「PMO支援サービス」を立上げ、本事業責任者。
【概要】
海外進出やM&Aが加速する中、グループ経営企業においては情報システムの統合が急務かつ重要な戦略となっています。一方で、ERP製品やベンダーの選定、実現性の検証や適正予算の検討など、計画策定段階の重要性について具体的事例を交えご説明いたします。また計画策定フェーズをご支援する「PMO支援サービス for GRANDIT」のソリューションについて、インベストメントの観点からも適用効果についてご紹介いたします。

ページの先頭に移動

【Day1】 2013年2月19日(火)

2月19日(火) 会場:4C 製造、流通業、人事給与就業管理向け 会場:4D 製造業向け
企業価値・導入効果を高めるERP導入のツボ
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
プロセス製造業における情報システムの活用
AJS株式会社
セッション1
14:00〜14:45
失敗しないERP導入のためには?
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
開発営業部 基幹ソリューション推進グループ 平山 勝広
プロセス産業におけるIT活用の秘訣とは?
AJS株式会社
医療・産業システム事業部 営業部 産業営業グループ 杉山 晋一郎
【概要】
「オフコン導入→クラサバ全盛期→ERPの台頭」といった時代の変遷を経て、今の時代はどのような方針で基幹システム更新が求められているのかをユーザー系SIerとして実際に基幹システムの更新を経験したSIerの立場から「傾向と対策」のご紹介します。また、ERPと言う選択肢を考えた場合に求められる「ERPとしての必須条件」も併せてご紹介します。
【概要】
プロセス産業におけるIT・情報システムの活用は、組立産業とは異なる特性を理解した上での検討や推進が必要となります。 当セミナーでは、旭化成グループの情報システム運用部門を母体とする弊社が、業務現場にとって使いやすい情報システムとは、どのように構築、運用、利用されるべきか、これまでのノウハウを元にGRANDITの導入事例を含めてご紹介させていただきます。
セッション2
14:45〜15:30
導入効果をUPさせるマルチデバイス活用
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
システムソリューション事業部 島田 久資
プロセス型生産管理システム「AP-21」
旭化成エンジニアリング株式会社
EICソリューション事業部 営業部 部長 多田 信嗣
【概要】
場所の制約から解放され、実際の現場(営業、生産等)で、ERPシステムを効果的に利用することが求められている昨今、スマートデバイスの利用が必須となりつつあります。永年にわたってパナソニックグループでの基幹システムに従事してきた経験則をもとに、各種のシステムやデバイスを活用したシステム実現のツボをご紹介いたします。
【概要】
旭化成グループ内外のプロセス産業のノウハウを凝縮した生産管理パッケージ(AP-21)をご紹介します。「配合管理」「製造管理」「品質管理」などバッチプロセス産業(樹脂、医薬、香料、食品等)に特有な機能のご紹介、及びそれらの機能によって「現場管理の効率化」「生産/工程計画の効率化」、「上位システム/現場管理システムとの連携」をどのように実現することができるか、事例を含めてご紹介させていただきます。
セッション3
15:45〜16:30
人事・給与・勤怠ワンストップソリューション
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
ERPと部門情報の連携による効率化の秘訣
株式会社パイプドビッツ
テクニカルサービス事業部 部長補佐 小西 辰也
【概要】
人事・給与モジュールと連携することにより、人事・給与・勤怠の情報を一元管理するワンストップソリューションをご紹介します。GRANDIT人事・給与とMajor Flow Time就業ソリューションの連携により、Web打刻等による効率的な勤怠管理から様々な給与形態に柔軟に対応できます。またプロジェクトごとの原価管理が行え、人材リソースの有効活用をマネジメント及び、支援いたします。
【概要】
各業務部門における業務の効率化を進めるためには、情報システム部門が提供するERPからの情報だけでなく、各部門で独自に管理・利用している情報を含めて情報資産を活用していくことが鍵となります。
当セミナーでは、弊社の提供するクラウド型情報資産サービス『SPIRAL(スパイラル)』を中心に、各業務部門の情報資産を”使い勝手はそのまま”に”基幹システムと連携”することによる効率化事例をご紹介いたします。

ページの先頭に移動

【Day2】 2013年2月20日(水)

2月20日(水) 会場:4C 流通・商社業務向け 会場:4D グループ経営
※グループ共通基盤構築にご興味のあるお客さま(業種不問)
GRANDITで実現する商社業務
双日システムズ株式会社
グループ経営を支える共通基盤のあり方とは
ベニックソリューション株式会社
セッション1
14:00〜14:45
消費税率改正による企業経営と実務への影響
CSアカウンティング株式会社
経理管理事業本部 経理管理第四部 部長 税理士 吉野 明宏
グループ会社のERP導入、5つの誤解
新日本有限責任監査法人
ITリスクアドバイザリー部 シニアマネージャー 日向野 奈津子
【概要】
近年の税制改正は企業に大きな影響を与えることが予想され、改正後の制度を正しく理解することが非常に重要となってきているなか、消費税率の引き上げに係る法案が可決いたしました。本セミナーでは、改正点の概要やスケジュール、消費税率の引き上げによる企業経営への影響や実務上のチェックポイントについて確認いたします。また、消費税改正に伴い、基幹システム変更上のポイントなどについても併せて確認いたします。
【概要】
グループ会社にERPを導入する場合、特に海外の場合は、現地ベンダーとの付き合い方、仕様をまとめられる人材の採用、日本国内とは異なるセキュリティレベル等、各拠点にて検討すべき課題は多数あります。今回は、ERP導入の上流から下流まで、当法人がご提供できる支援サービスをご紹介すると共に、グループ会社のERP導入について、監査法人から見たポイントをご説明いたします。
セッション2
14:45〜15:30
商社業務テンプレート「TAG」のご紹介
双日システムズ株式会社
エンタープライズソリューション本部 カスタマーソリューション部
シニアコンサルタント 服部 祐二
GRANDITによるグループ経営基盤の最適化
ベニックソリューション株式会社
【概要】
双日システムズがこれまでに導入した商社様のほとんどで要望され個別開発してきたアドオン機能を最新のGRANDITにテンプレートとして適用させます。このテンプレートを利用することでGRANDITを安価に商社業務処理に適合させることができます。併せて近年経営層からの要望が高い経営分析指標(BI)へ対応した追加機能をデモを交えてご紹介します。
【概要】
近年、多くの企業において、ERPシステムのグループ導入の実績やニーズは非常に高まってきています。 ベニックソリューションは、これまでのGRANDITの構築・運用の実践を通して、ERPシステムによるグループ経営基盤の強化・最適化のノウハウを培ってきました。本セッションでは、そのノウハウ群を余すところなくお伝え致します。
セッション3
15:45〜16:30
GRANDITで実現した商社導入事例
〜森六グループ様におけるGRANDIT共同利用〜

森六ホールディングス株式会社 様
事例から学ぶグループ経営管理のトレンド
株式会社ディーバ
取締役 岡部 貴弘
【概要】
森六グループ様では4社の基幹システムとしてGRANDIT(販売、調達在庫、経理、債権、債務、経費)をご利用いただいています。その導入の背景から選考過程での留意点、システム導入時から運用後までの課題や対策までご紹介いただきます。また今回のGRANDIT導入作業のご経験から、ERPパッケージを導入する上での留意事項等ユーザ様の声をお伝えします。
【概要】
連結・グループ経営管理分野で約660社のお客様を持つディーバより、グローバル時代におけるグループ経営のあり方について、豊富なお客様事例を紐解きながら、今後のシステム検討におけるヒントを考えていきたいと思います。

ページの先頭に移動

【Day3】 2013年2月21日(木)

2月21日(木) 会場:4A 製造業向け 会場:4D 【業種】情報サービス業/素材系商社/卸業
【業務】販購買、在庫管理、原価管理、帳票統合化
グローバル時代に打ち勝つ製造業の展望
株式会社システムインテグレータ
様々な課題に的確に対応!
GRANDIT+αで企業価値・競争力を向上しませんか?

日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
セッション1
14:00〜14:45
グローバル化 −変わる世界と、飛躍の機会 −
株式会社コアコンセプト・テクノロジー
取締役副社長 金子 武史
素材系商社向け販売管理テンプレート適用事例
日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
産業・流通ソリューション第一事業部・シニアマネージャー 眞田 幸司
【概要】
日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)が22年ぶりに過去最多を更新するなど、グローバル化はより一層進みつつあります。 グローバル化は、企業の競争環境から社員の仕事環境までも大きく変えつつあります。このような状況下において、変化をチャンスと捉えた企業はどのような取組を続けているのか。製造業各社の打ち手やそれを支えるシステム基盤までをとりあげながら、その見るべきポイントについて解説いたします。
【概要】
紙・パルプ、繊維、化成品製造等、素材業では必須である「複数規格」「複数単位」に対応したテンプレートを実案件での適用事例を含め経験豊富な弊社プロジェクトマネージャーがご紹介いたします。業界固有の多様なニーズに対応しスムーズな業務遂行と企業価値向上に貢献します。
セッション2
14:45〜15:30
グローバル時代における情報システム構想
株式会社システムインテグレータ
営業本部 ERPソリューション営業部 担当マネージャー 興津 敦
プロジェクト別損益管理テンプレートのご紹介
日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
産業・流通ソリューション第一事業部・シニアマネージャー 眞田 幸司
【概要】
事例に触れながら、国外の生産拠点も含めた生産形態(ハイブリッド生産)に対してのシステム管理方法について解説します。また在庫の統合管理やグループ間でのデータ連携・マスタ共有化をはじめ、多通貨・多言語・海外取引など必須となる機能要件についても具体的な画面を使いながら解説します。
【概要】
プロジェクト毎の損益管理については「不採算プロジェクトの早期発見」「リアルタイム性」「精緻な原価把握」等々お客様のニーズは多く、多大な作業時間を要していました。この課題を解決するため「プロジェクト」→「フェーズ」→「WBS」単位に精緻な原価管理が出来るテンプレートを事例を交えご紹介いたします。
セッション3
15:45〜16:30
製品開発・設計のグローバル化と情報共有
株式会社TOPWELL
代表取締役 井上 康秀
帳票にかかる時間・距離・コストを削減!
統合電子帳票ソリューション「Paplesweb for GRANDIT」

日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
営業統括本部・シニアマネージャー 梅原 淳
【概要】
R&Dにおいてもグローバル展開が進んでおります。新興国市場においては、先進国市場とは異なる製品を開発し、投入していくことが重要な課題となっており、より現地の市場に根ざした開発を行う必要があります。グローバルに分散した技術情報の情報一元管理方法としてのPLMがあります。ライセンスフリーのPLMを活用したE-BOM、M-BOM、メンテBOMなどの管理方法や生産システムとの連携について解説します。
【概要】
「帳票保管」「帳票出力」「帳票作成」をワンパッケージで実現できるソリューション「Paplesweb」とGRANDITがシームレスに連携。企業全体のペーパレス化をリーズナブル&スムーズに実現!操作性とGRANDITとの親和性をデモを交えてご紹介します。

ページの先頭に移動

【Day4】 2013年2月22日(金)

2月22日(金) 会場:4A 流通業向け 会場:4C 人事給与就業管理 会場:4D サービス業
システム連携で実現する最適ERP導入
NECネクサソリューションズ
グローバル対応に向けてのグループ人材管理
株式会社東洋紡システムクリエート
サービス業向けクラウド型システム活用術
インフォコム株式会社
セッション1
14:00〜14:45
業種別システム連携モデルと導入事例ご紹介
NECネクサソリューションズ
ソリューション営業部 主任 吉田 健一
グローバルタレントマネジメントと人事基盤
プライスウォーターハウスクーパース株式会社
日本企業が実現すべきERP導入におけるROI向上
アーンスト・アンド・ヤング・アドバイザリー株式会社
シニアパートナー 伊藤 雅彦
【概要】
NECネクサソリューションズは、独自の生産・原価アドオンモジュールやPLMと連携する“製造業モデル”、保守システムと連携する“サービス業モデル”など各種業種対応モデルをご用意しています。また、GRANDITをクラウドでご提供するほか、グローバル展開も可能なネットワークサービス「Clovernet」もご提供しています。本セッションでは、これら多彩な提供モデルとサービスを導入事例を交えてご紹介します。
【概要】
グローバル化が急速に進展する現代において、企業はどのような人材マネジメントを実行すべきなのでしょうか。先進的企業におけるさまざまな取り組みなど、最新の動向についてご紹介いたします。
【概要】
標準化された業務に対し、マネジメントが求める情報を、適時適切に提供するERPのコンセプト自体は、今も有効です。しかしながら、導入期間が長期化する、グループ会社の規模、IT体制が一律ではないなど、ERP導入の難易度があるのも事実です。ERP導入に際して、ROI向上への取り組みをご紹介いたします。
セッション2
14:45〜15:30
効果的アフターサポートを実現するCRM連携
NECネクサソリューションズ
営業推進本部 マネージャー 岩崎 寿紀
東洋紡グループにおける人材管理と今後の展開
株式会社東洋紡システムクリエート
第二事業部 営業部 部長 野村 久浩
プロジェクト原価管理とBIソリューション
インフォコム株式会社
サービスビジネス事業本部
GRANDIT事業部 セールスグループ 主任  佐藤 雅英
【概要】
商品販売後のアフターサービスをしっかり行うことで、企業のブランドロイヤリティを高めることができます。NECネクサソリューションズでは、アフターサービス(保守業務)を重視する企業様が、より効果的なお客様サポートを実現できるよう、CRMシステムとERPの連携モデルをご提案しています。本セミナーでは連携する内容やどのような効果があるかを中心に構築事例を含めご紹介いたします。
【概要】
東洋紡では、GRANDIT人事・給与モジュールを基盤とした新人事システムを運用開始しました。アジアを中心とした東洋紡グループ全体の人材マネージメントを実現するためのポイントや仕組、今後の展望ついてご紹介致します。
【概要】
サービス業の収益向上には、人件費だけでなく、外注費、経費など様々な原価要素を緻密に管理・分析することが必要不可欠です。また、マネージメント層、経営層はリアルタイムで会社経営指標や資源の状況を見たいときに何処でもスピーディーにモニタリングすることが求められます。今回はサービス業向けに「プロジェクト原価管理テンプレート」と「BIソリューション」を活用事例も含めてご紹介いたします。
セッション3
15:45〜16:30
クラウド型企業間受注支援サービスご紹介
NEC
サービスデリバリ事業部 共通プラットフォームサービス部
マネージャー 阿部 憲一
GRANDIT人事・給与テンプレートのご紹介
株式会社東洋紡システムクリエート
ソリューション事業部 マネージャー 澤田 輝久
700社の実績から学んだクラウド化成功例
日本ユニシス株式会社
U-Cloud事業部 営業技術支援部 土屋 美紗希
【概要】
NECは2012年8月より、企業が取引先から注文を受付ける際に必要な機能をクラウドサービスで提供する、“企業間受注支援サービス「WEBPSN/EC」”を販売開始し、お陰様でご好評いただいております。本セッションでは、「WEBPSN/EC」の概要や特長を、導入事例を交えてご紹介いたします。
【概要】
GRANDIT人事・給与モジュールでの機能の特徴、及び、追加すべき機能、また、他社に展開できるようテンプレート化を検討している項目をご紹介します。
【概要】
昨今、基幹業務のインフラとしてクラウドを選択する企業が増えています。しかしながら、お客様からクラウドに対しセキュリティ・可用性・運用など、懸念の声を多く耳にします。本セッションでは、サービス業を始め、様々な業種の基幹システムでご利用いただいている安全・安心な利用型クラウドサービスと、自社運用をしたいというお客様向けの所有型プライベートクラウドパッケージをご紹介します。

ページの先頭に移動

お申し込み

セミナー開催日 トラックテーマ
2013年2月14日(木)

募集期間をもちまして募集を終了致しました。 お申し込みありがとうございました。

2013年2月19日(火)

募集期間をもちまして募集を終了致しました。 お申し込みありがとうございました。

2013年2月20日(水)

募集期間をもちまして募集を終了致しました。 お申し込みありがとうございました。

2013年2月21日(木)

募集期間をもちまして募集を終了致しました。 お申し込みありがとうございました。

2013年2月22日(金)

募集期間をもちまして募集を終了致しました。 お申し込みありがとうございました。

  • ※タイムスケジュールより参加をご希望される開催日を選択してから、お申し込みページにおすすみください。
  • ※各プログラムは変更されることがありますので予めご了承ください。
  • ※ご受講可能なお客様には受講票をE-MAILにてお送りいたします。
  • ※当日は、受講票とお名刺をご持参いただきますようお願い申し上げます。
  • ※企業・団体様の業種・業態によりお断りさせていただく場合もございますのでご了承ください。

お申し込み

ページの先頭に移動

会場地図

会場地図

2月14日(木)
セルリアンタワー東急ホテル
住所:
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1
アクセス:
東急東横線・田園都市線、京王井の頭線、JR山手線・埼京線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、渋谷駅より・・・徒歩5分

会場地図

2月19日(火)、2月20日(水)、2月21日(木)、2月22日(金)
TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
住所:
〒104-0031
東京都中央区京橋2-3-19 TKP八重洲ビル
アクセス:
JR 東京駅(八重洲口)より・・・徒歩4分
銀座線 京橋駅(7番出口)より・・・徒歩2分
都営浅草線 宝町駅(A5番出口)より・・・徒歩4分
有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口)より・・・徒歩5分
JR京葉線京橋口(1番出口)より・・・徒歩5分

ページの先頭に移動

共催企業

GRANDIT株式会社

GRANDIT株式会社- GRANDITコンソーシアム
GRANDITコンソーシアム事業の推進母体として、「GRANDIT(R)」のパッケージ著作権、パッケージ産業財産権を持ち、プロダクト開発、 保守及び支援を行っています。
共催企業

ページの先頭に移動

協賛企業

協賛企業