ERPとは
ERPとは

ERPパッケージTOP >> ERPとは >> ERP導入成功のポイント

ERP導入成功のポイント

ERP導入成功のポイント

導入前に綿密な仕様決定が必要

ERPは企業内のさまざまな業務を合理化する大変優れたシステムです。しかし、ワープロやスプレッドシートのように、PCにインストールしたらすぐに便利に使えて役に立つ類のソフトとはちょっと違います。

ERPはバックグラウンドで働くシステムといえます。その稼働する範囲は、経理部門、営業・販売部門、人事部門、生産現場、そして経営側など、社内業務の広範囲にわたります。これらの業務に関わる人たちがERPの導入後に現場の端末を操作しても、すぐに目に見える何かが感じられるとは限りません。

しかし、導入したERPが会社の業務にしっかり適合してさえいれば、運用し続けているうちに、「データの再入力の手間が省けるようになった」「情報の取得が早くなった」「受注から納品までの期間がいつの間にか短縮されている」「会社の財務状況がリアルタイムで確認できるようになった」などと、いろいろな効果が実感できるようになるはずです。そのような状況になったとすれば、とりあえずERPの導入は成功したということになります。逆に、「何がどう変わったかわからない」「これまでのシステムより使いにくくなった」「経営側はデータをちっとも生かしていない」などということであれば、せっかくコストをかけたものが無駄になっているばかりか、改めて仕様変更の必要に迫られて、さらなる出費がかさむことになってしまいます。

ERPの導入を成功させるにはいくつかのポイントがありますが、まずは自社の業務に合った仕様が構築されているかどうかということが挙げられます。仕様の構築は、導入前に綿密に行わなくてはならない最も重要な作業です。

各部門の協力体制を敷いて意見を反映させる

現在ERPの開発を行っている業者は多くあり、またERPと連携する用途に応じたアドオンや、業種ごとに特化されたテンプレートなども多岐にわたって登場しています。その中のどれが自社の業務にフィットするのか、慎重に選択していかなければなりません。そのためには、なるべくならERP導入プロジェクトチームを発足させ、各部門に対してのヒアリングを詳細に行っていく必要があるでしょう。ERPは企業の基幹業務を統合するシステムであるため、関連する部門の意見や要望をしっかりと吸い上げ、部門間でもすり合わせをしていく必要があるのです。

またERP供給側(ベンダー)との協議も密に行う必要があるでしょう。導入コストを考えればノンカスタマイズでいきたいところですが、求められる業務の形態によっては多少カスタマイズのオーダーが必要になるかも知れません。こうした検討の工程を短縮して早急にシステムを導入してしまうと、後に取り返しのつかないことにもなりかねません。慎重の上にも慎重を期して、ベンダーの選択や仕様決定をしていくべきでしょう。

導入後は社員も経営陣も意識改革を

導入した後は、業務を行う社員・従業員に対して、ERPのメリットを理解させることも必要と思われます。情報システム部門などが社内講習会を開き、ERPは社内組織全体にわたるシステムであることを説明し、社員に対する意識改革を行います。また、各部門間で協力体制を敷くことによって、社内の風通しもよくなってくるかも知れません。そうなれば、データ一元管理による実務的なメリットとは別な意味で、ERPの導入効果が出てきたことになります。

社員ばかりでなく、経営側にも意識改革が求められます。ERPは、各部門の業務を合理化、効率化するだけのツールではありません。そこに蓄積されていくデータは、すなわちリアルタイムで示される経営情報ともいえるのです。これらを加工し、分析することによって今現在の財務状況が見え、今後の予測なども立てやすくなります。経営側は、これを経営の舵取りや意志決定に生かさない手はありません。こうした運用をスムーズに行うことができたとき、ERP導入は成功したといえるのではないでしょうか。

お問い合わせ・資料請求
資料請求・お問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910