業種・目的別ソリューション
業種・目的別ソリューション

ERPパッケージTOP >> 業種・目的別ソリューション >> 制度改定 >> 消費税改正対応

消費税改正対応

GRANDITは、消費税率の変更、軽減税率に対応。軽減税率に求められる対象品目毎の消費税率の設定が可能。

消費税改正

平成24年8月「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」により、消費税法の一部が改正されました。

消費税改正のポイントは大きく以下の2点です。

  • @平成31年10月から消費税率が8%から10%となる見込みです。
  • A軽減税率の導入が予定されています。
    (軽減税率とは、本来の標準税率より低い税率を用いることを指し、例えば生活に不可欠な品々の税率を低く抑えることで消費者の税負担を緩和する措置です。)

GRANDITでは、他社に先駆け、現段階で予定されている上記消費税改正の対応を完了しています。また、新たに求められる要件についても順次対応を行います。

消費税法改正で予定されているマイルストーン

税率変更対応

改正内容 GRANDITの
対応状況
説明
平成31年10月1日より消費税率は8%から10%へ引き上げ

対応済み

平成31年10月1日に消費税率が8%から10%になる見込みです。GRANDITでは既に対応が完了しておりますが、税率変更にあたり、現行でお使いのシステムで複数税率が混在した場合における対応が十分か確認する必要があります。

経過措置への対応

改正内容 GRANDITの
対応状況
説明
各施行日前に行った取引について旧税率を適用

対応済み

各措置合せて10種の経過措置があり、経過措置が適用される取引では旧税率での処理等複数税率が対応できる必要があります。GRANDITでは取引毎に税率が選択できる機能を搭載しており、状況に応じて適切な処理を行うことができます。

軽減税率

改正内容 GRANDITの
対応状況
説明
一般家庭の税負担を和らげるため、指定の対象範囲に限り、本来より低い税率を適用

対応済み

(複数税率管理)
※インボイス方式など詳細決定次第、順次対応

軽減税率は、飲食料品(酒類と外食を除く)、新聞(週2回以上発行され、定期購読分のみ)が対象品目になると検討されています。本制度への対応は基幹システムに大きな影響を与えることが予想されており、関連するマスタ群や税率計算を品目ごとの明細単位で行うことが求められ、付随する画面、伝票などの対応が必要となります。GRANDITでは軽減税率に対応するため、複数税率管理の対応を完了しています。インボイス方式の採用など、制度の詳細が固まり次第、順次対応致します。
お問い合わせ・資料請求
資料請求・お問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910