企業情報
企業情報

ERPパッケージTOP >> 企業情報 >> 社長メッセージ

社長メッセージ

社長メッセージ

社長メッセージ

これまで、日本の情報システム産業は、欧米のビックプレイヤーの先行を許して来たという感が否めません。ERPは、企業活動におけるヒト・モノ・カネを最適管理するためのシステム、つまり企業経営の根幹を支えるシステムですが、この分野でも欧米企業の製品が先行していました。そして、必ずしも日本の企業慣習にそぐわないにもかかわらず、多大なコストを払って導入し、運用にも非常に苦労してきたというのが、日本のユーザー企業の本音ではないかと思います。

そんな状況を打破すべく、ユーザー系SIerを中心とするIT企業が集まって、「次世代ERPコンソーシアム」を設立したのが、2003年のことでした。もっと日本企業に合った、安くてよいものを、自らの手で作り出せないか、という思いを共有し、それぞれのノウハウを水平統合して全く新しいERPを作ろうと、コンソーシアムで議論を重ねました。こうして生まれたのがGRANDITです。GRANDIT株式会社はコンソーシアムの推進母体として議論を促進し、製品としてのGRANDITを実際に開発・保守し、そしてGRANDITブランドの浸透に向けてマーケティング活動を行ってきました。

GRANDIT株式会社 代表取締役社長 石川 研一

コンソーシアムは、製品が完成した今日でもその活動を続けております。お客様から頂く改善のご要望に応えるべく、コンソーシアムメンバー企業各社は要望を絶えず持ち寄ります。その中で、汎用的なご要望については当社が標準機能に反映し、ある特定の業種や業態でのご要望については、コンソーシアム内オープンソースというルールを活用して、その業種や業態に詳しいメンバー企業が、アドオンテンプレートとして製作します。このようにお客様に必要な機能を必要な分だけ提供し、企業活動を基盤システムとして支えるものとしてGRANDITを、そしてGRANDITを核としたサービスやソリューションを進化させて行きます。そのために常に議論し実行してゆくことこそが、コンソーシアム活動を継続する所以です。また、そうして生み出される継続的な進化こそが、GRANDITとほかの製品の一番異なっている点ではないかと思います。


GRANDITという名前は、GRAND(偉大な)とIT(情報技術)を組み合わせた造語です。またフランス語では、「生長させる」という意味を持っています。GRANDIT株式会社は、GRANDITという製品・サービスの進化を通して、お客様やパートナー様、そして私どもが、共に生長してゆけるよう、精進してまいります。

2016年4月
GRANDIT株式会社
代表取締役社長
石川 研一

お問い合わせ・資料請求
資料請求・お問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910