企業情報
企業情報

ERPパッケージTOP >> 企業情報 >> 社長メッセージ

社長メッセージ

社長メッセージ

日本企業の成長を支える“進化系”ERP

日本企業は今、急速に進む高齢化と労働力人口の減少という課題に直面しています。構造改革を加速することで、生産性を大幅に改善し、競争力を高めていかないと、成長が難しくなってきています。付加価値の低い業務を徹底的に効率化し、成長に資する業務へと貴重な労働力をシフトできる、そして必要なデータをタイムリーに入手し意思決定を迅速化できる環境を整えることが成長の鍵となります。

ERPはこのような活動を支える、企業の根幹を成すシステムです。にもかかわらず、必ずしも日本の企業慣習にそぐわない、欧米発のERPを多大なコストを払って導入し、運用にも非常に苦労してきたというのが、日本のユーザー企業の本音ではないかと思います。

GRANDIT株式会社 代表取締役社長 石川 研一

2003年に活動を開始した「次世代ERPコンソーシアム(現「GRANDITコンソーシアム」)は、ユーザー系SIerを中心とするIT企業が集まって、活発な議論を重ね、このような状況の打破に取り組んでまいりました。更なる成長をめざす企業のために、もっと日本企業に合った、安くてよいものを、自らの手で作り出せないか、という思いを胸に、それぞれのノウハウを水平統合して全く新しいERPを作り上げました。こうして完成したGRANDITは、その後もコンソーシアム企業の叡智を結集し、進化し続けています。

コンソーシアムメンバー企業各社はお客様に寄り添い、改善のご要望集め、持ち寄ります。その中で、汎用的なご要望については当社が標準機能に反映し、特定の業種・業態でのご要望については、コンソーシアム内オープンソースというルールを活用して、その業種・業態に詳しいメンバー企業が、アドオンテンプレートとして提供します。


このようにお客様に必要な機能を必要な分だけ提供し、GRANDITを、そしてGRANDITを核としたサービスやソリューションを進化させて行きます。コンソーシアム活動から生み出される継続的な進化こそが、GRANDITとほかの製品の一番異なっている点ではないかと思います。

冒頭で述べた日本企業の課題を解決するためには、従来のERPのカバー範囲では限界があります。GRANDITはその誕生の時から、一般的なERPのカバー範囲を超えた機能をオールインワンで提供してきました。今後はそれに加えて、クラウド上に展開されている生産性の向上につながるサービスとつなぎ、取り込むことで、守りの経営と攻めの経営の両方に寄与することをめざします。

GRANDITという名前は、GRAND(偉大な)とIT(情報技術)を組み合わせた造語です。またフランス語では、「成長させる、大きくする」という意味を持っています。「成長」という名のERP GRANDITはコンソーシアム企業の叡智から生まれた進化系ERPです。GRANDITは更なる成長をめざす企業のために、ビジネスの可能性を拡げ、企業価値を最大化し、ご満足いただくことを通して、日本企業の成長を支える存在へと益々進化・成長してまいります。

2018年5月
GRANDIT株式会社
代表取締役社長
石川 研一

お問い合わせ・資料請求
資料請求・お問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910