導入・サポート
導入・サポート

ERPパッケージTOP >> 導入・サポート >> GRANDITご導入について

GRANDITご導入について

GRANDITご導入について

GRANDITが選ばれている理由とお客様の声をご紹介します。

GRANDITが選ばれている6つの理由

1.システム操作性を完全WEBで統一したERPソリューションであること

システム操作性を完全WEBで統一したERPソリューションであること

システム操作性を完全WEBで統一したERPソリューションであること
【お客様の声】

利用者端末の保守・メンテナンスから開放された。
お客様先から在庫確認を行えるようになった。
取引先と同一マスタを利用したECを構築できた。
出張申請や経費精算を出張先から行えるようになった。


システム操作性を完全WEBで統一したERPソリューションであること

ビジネスインテリジェンスが標準で用意させていること

2.ビジネスインテリジェンスが標準で用意させていること

ビジネスインテリジェンスが標準で用意させていること

ビジネスインテリジェンスが標準で用意させていること
【お客様の声】

販売システムの情報を多角度で分析できるようになった。
部門別、セグメント別、カンパニー別など多次元の財務諸表分析が可能になった。
販売予算実績の対比がお客様ごと、社員ごとに行えるようになった。


ビジネスインテリジェンスが標準で用意させていること

3.基幹システムと同一設計にて統合されているワークフローを保持していること

基幹システムと同一設計にて統合されているワークフローを保持していること

基幹システムと同一設計にて統合されているワークフローを保持していること
【お客様の声】

データエントリーをする担当者と承認者を社内の権限規定に合わせて設定できるようになった。
内部統制上の相互牽制を、運用のレベルで具体的にイメージできた。


基幹システムと同一設計にて統合されているワークフローを保持していること

4.GRANDITによる、自動お知らせ機能が準備されていること

GRANDITによる、自動お知らせ機能が準備されていること

GRANDITによる、自動お知らせ機能が準備されていること
【お客様の声】

EDIで登録された受注速報を自動送信されるメールで受け取れるようになった。外出時にも受信できるため利便性が高い。
得意先に対する与信警告を、与信限度額の80%になった段階で知ることができるようになった。
倉庫担当者に出荷遅延情報をシステムが通知してくれるようになった。


基幹システムと同一設計にて統合されているワークフローを保持していること

5.日本の業種別商習慣を知り尽くしたコンソーシアム方式であること

日本の業種別商習慣を知り尽くしたコンソーシアム方式であること

日本の業種別商習慣を知り尽くしたコンソーシアム方式であること
【お客様の声】

パートナーに専門業界の高い業務ノウハウを持ったコンサルタント/SEが多い。
パートナーが大企業の情報子会社であることから、導入時に親身になって要件を整理してもらえた。


日本の業種別商習慣を知り尽くしたコンソーシアム方式であること

6.利用者側の目線に立ったライセンス体系であること

利用者側の目線に立ったライセンス体系であること

利用者側の目線に立ったライセンス体系であること
【お客様の声】

社員全員にライセンスが行き渡り、全社統一的な活用を検討している。
参照用ライセンスの購入などで、システム展開をライセンスで制限されることがなかった。WEBの特性が生きた。


ページの先頭に移動

GRANDITの販売実績

GRANDITは完全Web-ERPとして910社、4,000モジュールを超える(2017年3月現在)販売実績を保持しており、完全Web-ERPとして、No.1の販売実績を保持しています。

    お問い合わせ・資料請求

ページの先頭に移動

お問い合わせ・資料請求
資料請求・お問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910