ERPコラム
ERPコラム

ERPパッケージTOP >> ERP導入の目的とメリット

ERP導入の目的とメリット

ERP導入の目的とメリット

目的は、企業資源統合による経営の合理化

従来から用いられている業務用のパッケージは、会計処理や人事、生産、販売といった個別の管理に特化されたものがほとんどです。個々の業務においては優れた機能を備えていますが、業務間での連携という点で見れば難点がいろいろありました。連携部分がシステム化されていないため、情報のやり取りやデータの加工に人の手を介在させる必要があり、労力がいるばかりか、入力ミスやデータの二重化が起きやすいなどの問題が生じていたのです。

何より個別の業務用パッケージのみでは、それぞれのシステム上にデータが分散されているため、必要な情報を取り出すのに時間がかかってしまいます。これではリアルタイムな経営分析がしにくく、企業として戦略を立てて意志決定を行う際の遅れにもつながりかねません。スピーディな経営が求められている昨今、多くの点でデメリットが生じているのです。

そこで、ERPが大きな力を発揮します。ERP導入の強みは、財務、人材、商品、流通など、いわゆる企業内資源を一元的に管理できるということにあります。導入前と比較すれば、さまざまな点で経営の合理化を図ることが可能となり、それこそがERPを導入する一番の目的といえるでしょう。

業務をより高効率に。ERP導入によって得られるメリットとは

では、そのようなERPを実際に導入すると、企業としてはどのような効果が得られるのでしょうか。合理化の中身にはどのようなことがあるのでしょうか。ERP導入のメリットについて整理してみましょう。

@企業システムの一貫性が図れる

システム的な観点からいえば、ERPの最大のメリットはデータを一元管理できることです。会計処理も、販売管理も、人事管理も、使用するデータはすべて一箇所に集められます。これにより、たとえば販売管理で変更されたデータは即時に会計処理にも反映されて自動更新され、データの二重化による不整合などが起きません。個別のシステムごとに修正するといった労力を省くことができます。

Aどこからでも情報を取り出せる

製造業で販売部門が多岐にわたっているような企業では、部署ごとに別々に販売管理を行っているケースが往々にしてあるものです。たとえば、ひとつの部署が大量受注を受けたようなとき、これまでの縦割り組織では商材の在庫状況や他部署の受注状況に関して問い合わせをしたり、製造部門を含め資材の仕入れや製造スケジュールなどをいちいちすり合わせていく必要がありました。しかしERPを導入すれば、情報の一元管理によって企業内の情報が一目で把握できるため、そうした調整作業が不要になります。同時に、情報共有により部門をまたいで適切な生産計画や納期の決定を行うことが可能となり、過剰な仕入れや在庫のダブつきなどの無駄を防げます。

B経営の見える化を向上させる

経営資源が統合されることによって管理業務が軽減され、また、これまで部門間で確認していた情報がいつでもどこでも引き出せるようになります。これは経営陣にとって大変メリットのあることといえます。現在開発されているERP製品の多くは、売上や利益、生産コストや債権など財務における情報分析、仕入れや在庫状況、人事情報など、今現在の経営状況をリアルタイムに把握することが可能となります。

C経営がスピードアップする

IT化とグローバル化の深化により、現代のビジネスはかつてないほどのスピードで進行しています。企業経営においても、そうした世の中のスピードに遅れることなく迅速な決断が求められるところです。もちろん、企業の舵取りにおける意思決定をするのは人間の仕事ですが、ERPの導入による経営の見える化の向上、リアルタイムに経営状況を把握できるということは、そうした経営陣による意思決定に際して大きな支援となります。また、各部門での業務の省力化はクライアントのオーダー等に対しても迅速な対応が可能となり、企業業務全体のスピードアップに寄与します。

これら以外にも、システム運用負荷の軽減、内部統制の実現など、ERP導入には多くのメリットがあります。従来、こうした統合システムは企業活動やその環境に合わせて開発に膨大な作業と時間を必要としていました。しかし、現在のERPは多くの企業に導入されて培われたノウハウが蓄積されており、短期での導入と運用開始を実現しています。

お問い合わせ・資料請求
資料請求・お問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910