ERPコラム
ERPコラム

ERPパッケージTOP >> ERPの選び方

ERPの選び方

ERPの選び方

ERP導入の目的は業務の合理化

ERPは企業の基幹業務管理を統合し、部門間を効率的に連携するばかりでなく、ソリューションとしても企業経営にさまざまなメリットをもたらしてくれるシステムです。多くの企業に導入をお勧めしたいところですが、ただ注意すべきは、ERPを導入すること自体を目的にしてしまってはいけないということ。

ERPは業務を行うための便利なツールであり、目的は業務そのものの合理化です。導入する前に現在の企業運営の問題点などをしっかり洗い出し、業務管理についても何をどう改善したいのか、どんな機能がほしいのか、部門単位で具体的に詰めておく必要があるでしょう。というのも社内の業務形態、商習慣は100社100様であり、それぞれに合わせてERPを多少なりともカスタマイズする必要があるからです。

たとえば、会計処理ならば業務の手順はほぼ共通、法令で定められている形式もあって、パッケージをそのまま導入しただけでも運用に大した差し障りはないでしょう。しかし、会計以外の業務となるとそうはいきません。近年のERPは、多くの企業への導入実績によって機能が充実し、さまざまな商習慣にも柔軟に対応できるようになっていますが、それでもアドオン開発による機能の付加、あるいはセミオーダーによるカスタマイズなどが必要になってくるケースは多々あるものです。それでは、ERP導入を成功に導くための手順というものを整理してみましょう。

ERPと自社業務とのマッチングを検討

現在ERPは進化をし続け、製品間のギャップも少なくなっています。まずは備わっている機能が自社の業務にどの程度適合できるか、機能に過不足はないか、不足があるとすればそれはカスタマイズやアドオンなどで補えるレベルなのかどうかを比較検討していきましょう。ただ、ERPは企業内のシステムを統合する総合管理システムでもあるため、単一の機能の比較だけは、ERPを運用していくための本質を見誤る可能性があるので注意が必要です。

また、導入のコスト面を考えた場合、企業規模に応じたパッケージなのかどうかも選択のポイントです。ただし、中・長期的な視点も必要でしょう。将来新たな部門が増えるかも知れない、あるいは事業形態が変わる可能性があるとしたら、それに対する柔軟性などは見込んでおかなければなりません。

導入プロジェクトチームをつくろう

情報システム部門を組織している企業であれば、そこが窓口となってベンダー(ERPの開発・供給業者)と交渉し、さまざまなオーダーをすることになると思います。そこで、情報システム部門(部門がなければ担当者)としては各部門から現状の改善点などを吸い上げ、ベンダーに対して要望を伝えるための材料を整理する必要が出てきます。

ところが、各部門の担当者が現状のシステムに不満を感じていたとしても、それを伝えるのは意外に難しく、口頭で概略を述べる程度で後は情報システム部門にまかせっきりにしてしまうようなことがよくあります。すると各部門の真意はベンダーまで届ききらず、結果的に導入されたシステムは思ったような働きをしてくれない、といったようなことに陥りかねません。

こうした事態を防ぐには、やはりシステムを運用する担当者同士によるチームをつくって問題点を洗い出し、要望を明確化しておくことが大切です。そして、できればベンダーにもプロジェクトチームに参加してもらうというのがベターでしょう。

導入後のコストやフォロー体制も検討材料に

ERPのシステムは、通常単品で定価が付いているわけではありません。導入の規模やカスタマイズのレベルに応じて大きく価格は変動します。また、サーバや通信機器の追加など新たなインフラ整備が必要になるケースもあります。

導入後についてはどうでしょうか。定期的なメンテナンス、データのバックアップ、トラブルへの対処など、十分な保守体制が備わっているかどうか、そのコストについて事前にしっかり見極めておきたいものです。特に、導入直後はいろいろ問題点が浮かび上がってくるものです。導入前に検討しきれなかったこと、運用してみて初めてわかった問題などに対するフォローには、やはり追加費用がかかってきます。

さらに中・長期的に考えたとき、将来必要になるかも知れない機能追加に対するコスト、バージョンアップ費用などについてもあらかじめ問い合わせし、情報を得ておくといいでしょう。

お問い合わせ・資料請求
資料請求・お問い合わせはWeb、もしくはお電話で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
Webからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910

Webからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話からのお問い合わせ
03-6866-3910